男性

賃貸オフィスを活用して事務所を構える~サクッと手軽な賃貸~

建替え予定物件が最適

作業員

短期も可能

東京で貸し会議室を運営している企業は、築年数の古い建替え予定の賃貸オフィス物件を短期間借りて利用ことが多いです。賃貸オフィスビルを経年劣化で建て替える場合には入居しているテナントに退去してもらう必要がありますが、賃貸借契約の期間の関係で全てのテナントが同時に退去するわけではありません。賃貸借契約の更新時期もテナントによって異なります。テナントが順次退去すると最後のテナントが退去するまでの間は空室ができます。当然のことながら、テナントを退去させて建替えを予定している物件に新たなテナントは入居させられません。そのような空室を廉価な賃料で一時的に賃借して、貸し会議室として運営する企業があります。物件の所有者にとっても少ないながらも賃料が入るメリットがあります。

不要な事柄

東京で普通の賃貸オフィスを借りて貸し会議室を運営すると、賃料が高いことから貸し会議室の利用料を高い水準に設定しなくては採算が合わなくなります。東京のように賃料の高い地域で貸し会議室を運営するには建替え予定の物件の一時的な利用は最適です。貸し会議室には特別な内装は必要ありません。退去する際にも建替え予定の物件であれば原状復帰も必要ありません。東京では確実に貸し会議室の需要が高まっていますので、廉価な賃料で利用できる建替え予定の物件の空室の短期利用は最適です。利用する際の内装工事コストも退出する際の原状復帰コストも不要なのですから、短期間であっても貸し会議室として賃借して運営できれば採算が確保できるのです。